後藤真希(ヤングマガジン 2004 No.33/尾形正茂/表紙+8P)

P1で中華街の入り口にたたずむ写真、この写真が表情含めて魅力的。で、その次に横浜ベイブリッジをバックに撮った写真が続くので、「おお、これは観光テイストとロケ色の強いグラビアか!」と期待が高まりましたが、あとはいつものアー写色の強いグラビアに仕上がっており、期待ほどではなかったです。完成度は相変わらず高いと思うし、魅力的な笑顔もP5などで撮られており、出来は問題ないと思いますが、P1で変な期待が高まりすぎただけに…。(85点/P1の写真は非常に良く、そこからロケ主体のグラビアを期待しましたが、そこまでではなかった)