安田美沙子(週刊プレイボーイ 2004 No.32/小塚毅之/8P)

安田美沙子小野真弓の前例に従ってかなり露出度の高い水着の選択をしているのですが、その部分が小野真弓ほど効果を上げていない気がします。小野真弓の場合はそういう水着でひねりのない正面からの写真など、べたな感じで露出度を見せる方向性だったのですが、安田美沙子の場合はまだ決めようとしている部分があって(例えばP1(E1))、そこが違いを感じる部分でしょうか。もっとP6(E6)のようなべたなカットを増やしても良いと思うのですが。(75点/露出度高めでも、やや決めようとしている部分があって、そこが小野真弓ほどの吹っ切れ感を感じない部分)