矢吹春奈(SPA! 2004 8.31/東久順/6P)

実写版「くりいむレモン」を監督する山下敦弘プロデュースで「リアルな妹」がコンセプト。いきなり「リアルな」をつけて免罪符を得ようとするスタンスが気に入らないです。表情も全体に険しい。ロリ妹イメージに対するアンチテーゼなのかも知れませんが、それで全編通されても、とは思います。水着姿も見せる妥協を示す(P4とP5)なら、こんなまとめ方はないんじゃないでしょうか。矢吹春奈自体はシャープさが出ており、水着では岩佐真悠子風の強気な表情も新たな魅力として出ているので、グラビアのまとめ方が残念。(75点/矢吹春奈の新たな魅力を引き出してはいるが、世間の「媚びる妹」メディアへのアンチが空回りしている)